LESSON

小学3年生から音大生、プロ、アマチュアの方、コンクール、コンサートを控えてる方、セカンドオピニオンをお求めの方

COVID-19に対応し、遠方の方に限らず、オンラインレッスンのご要望も受け付けます。

会 場

■「music studio MAYS  」
ミュージックスタジオメイズ  

「スタジオ4A」ヤマハグランドピアノC3

住所:東京都世田谷区松原5-3-16
【指定スタジオでのレッスンとなります】


アクセス:京王井の頭線・東松原駅 西口1出口より約30m *三菱UFJ銀行の斜向かい

※スタインウェイでのレッスン・その他希望のスタジオがある場合はご相談ください。


レッスン料金

◆90分 ・・・・・ ¥17,000(スタジオ代込)*

◆150分・・・・・¥28,000(スタジオ代込)*

*土日祝日は別料金

オンラインによるレッスン

レッスン曲の動画をYouTubeの限定公開で上げて頂き、断片的なお返し動画をいくつかご用意して、3日後以降にリアルタイムオンラインレッスンという形にいたします。*

回線接続環境をご確認の上、お手持ちの端末から、Zoom、Skype、Facetime、LINE、Discord等を使用していただきます。

◆60分のリアルタイム・・・・・¥15,000

*他の形式でも可。ご相談に応じます。

レッスンにあたり

ピアノ学習者を取り巻く環境は私の育った時代から大きく変わりました。

クラシック音楽家として一人前になることをまだ夢見れる時代でした。

・未知との遭遇

ただ私個人のことで言えば9歳のとき、ドイツで長い時間研鑽を積まれ、ピアノ音楽に対する深い愛情とヨーロッパの精神のなにかしらを体現されていた故井上直幸氏に、数人の同世代の仲間とその世界観の一端に触れることができたことが大きかったと思います。

子供ながらにそのNHK教育テレビ番組『ピアノのおけいこ』を訪れた、エディット・ピヒト=アクセンフェルト女史の凛としたお姿、番組のために作曲をされてその曲のレッスンに現れた故武満徹氏の風貌は強烈な印象をもって未だに脳裏に焼き付いて離れません。

・いつか大人になれるのかな

あのスタジオにあった2台のスタインウェイフルコン、現在のモデルとはまったく別の、当時『腐ってもスタインウェイ』と言われた独特の強固なクオリティー、そしてピヒト先生来日時に持ち込まれたチェンバロなどに触れ、人間の匠の技の歴史に目が眩む思いをしたこともまた、未だ私の活動の原動力のひとつになっていると思います。

・『ホンモノ』を追う人は輝いてる

どんな分野でもそうでしょうが、こと芸術に関してはこのような『本物』と直面する経験というものがその人のその後の人生を方向付ける大きな契機になるのではないかと思います。

電子ピアノで生活スペースを確保することを優先し、幼少期から巷に溢れかえるコンクールで目先の結果に一喜一憂することとは無縁の、生涯をかけて真理を探究する姿勢です。

偉大な作曲家、芸術家たちが取り続けてきた不屈の姿勢を少しでも伝えていく仕事をしたいと考えてます。